ミモザの木の下で ~Beloved days*~

慌しい毎日だけど、記録しておきたい大切な時間。

スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告  Top

さよならの春

2013.03.10 Sun 15:19

花桃満開です♪
ちびズ、散らかし王^^
絵本が読めるようになって字が書けるようになったので?・・・あれこれうるさい(笑)。
濁点、は=わ・・・もマスター。
そういう点では心配のない進級生です。
リズム感も、姉ちゃんよりはるかにあるしねぇ。

写真04809

週末、急遽会社関係の1泊旅行へ行く事が決まった夫。
かなんなぁ。

スイミングとバイオリンを終え、屋外で遊ぶのも嫌だし、こんな時普通は実家へ帰ったりするんかな?など考え。
あ、そや、妹呼ぼ・・・と思いつきました。
妹とは仲は良くないし、性格も合わんのやけど。

しんどいのはいややから、好きなもので手間のかからんものを買って晩ごはん。
妹のちびズは野菜嫌いなので肉を(汗)。
我が家のちびズは生野菜好きのちび娘にサラダとポテトを揚げてやりました。

姉ちゃんには、好きなアサリのバター蒸しやししとうと椎茸の焼いたのを。
妹は蛍烏賊を酢味噌で食べたいと言うので、姉ちゃんの好きな蒟蒻と一緒に。
私はビールのでっかいのを1本^^

写真04811

姉ちゃんと同じ年のこっちゃんは、身内割り増しの目で見てもややこしやな子なのです。
妹にそっくりな気もするけど、まぁ~大変。
小学校進学を前に、妹もかなりの心労のようです。

夜、なんとか一緒に寝て、朝起きて、のんびりして帰って行きました。
時間潰しにはなったけど、疲れたなぁ~、姪っ子に気を遣うってどうよ^^

お昼はチャプチェ風。
春雨好きなちびズと、簡単ご飯。
夫が居ないと外食も嫌やしね。

写真04810

春に向けての準備でバタバタしていたけど、卒園式のお知らせをもらってなんだか改めて気づいたの。
そや、お別れや。

「さよならぼくたちのほいくえん」と「おもいでのアルバム」は泣けてくるから聞けやんよねと、こないだ先生とも話したなぁ。
卒園証書の名前と生年月日の確認のお手紙もあって、保育園の在籍期間の確認もありました。
在籍が長い子から、卒園式で名前を呼ばれるんよね。
姉ちゃんは、2番目やなぁきっと。

お式の日は、スライド上映があるので30分前に着席をって書いてあったの。
スライド!、あかん、ウルウルです。

6年前、「小さな子を預けて働くなんて」ってまだ言われていた時代。
今では考えつかんけど。
悩んでこらえて、大事な子を託した保育園。
あの時、4月の0歳児クラスは5人。
4月生まれの姉ちゃんと、6月生まれのはるかちゃん、8月生まれのすみちゃんにさらちゃん。
そして、まだバウンサーに乗っていたりんちゃんでした。

お母さんは、薬剤師さんが2名、学校の先生、看護師さんに、私。
この人たちが、同志なんやって思いました。
縁あって、運あってこの保育園へ集った仲間・・・そう思いました。

私学の園やから、先生の異動や結婚などでの退職もあって、姉ちゃんの担任をしてくださった先生は全員いなくなってしまいましたが。

今、年長さんは24名。
21名で同じ小学校へ行きます。
何かがあると、『保育園の子』って言われる現実もあるそうです。
小学校の先生曰く、この保育園の子は、小さい子に優しくすることに慣れていて、雑巾を絞ったりほうきを使ったりすることは、驚くほど上手だと言ってくださいました。
自分の意見を言えない子が多いようで、園長先生が「保育士としてはどうかと思いますが」と前置きをされてから、「嫌だって、絶対許せないって言ってもいいんやに」って、そんな強さを教えたりもしてくださっているようです。

親と離れる現実を必至に受け止めようと努力した娘。
寂しい時に心を寄せ、見守ってくれた先生。
聞き訳が良く、その分自分の気持ちの折り合いに苦労して不安定だった時期も、抱っこして、「嫌やって言っていいんやにぃ~」ってぶつかってくれた先生。
「心配ないですよ、名前の通り、人を幸せにしてくれる子ですよ」って言ってくださった先生。
負けそうになる子どもの心と、親の心を一心にフォローしてくださいました。

大きくなったら保育園の先生になりたいという夢は、5年間不動だった姉ちゃん。
先生によくしていただいたことが分かります。

正直6年間は長かったです。
思いがけず第2子を授かり、2度目の育児休業を取ったり職種が変わって転勤したり。
社会情勢も大きく変わって、ちび娘が同じ保育園へ入れない、そんな逆境も体験しました。

まだまだこの日々が続く気持ちで居ましたが。
もうお別れの時です。

卒園式、嫌やなぁ。
お別れ、嫌やなぁ。

感謝で一杯の6年間でした。
こんな良い環境に置いていただけたこのご縁にもまた感謝です。

姉ちゃんと、お友だちみんなの未来も、きっと輝かしいものになるでしょう。
共に学び、助け合い、分かり合おうとしたこの1年、大きく成長した年でした。

『くやしさをバネにして学ぶ』・・・あの保育園へ転園せずに本当に良かったと思います。
これから一杯、悔しさは学ぶでしょうし。
急いで大人になる必要はありません。

あと少しの期間、未来への希望で浮き足立つだけでなく、これまでと今の感謝を噛みしめてしっかりと足元を固めたいと思います。

さよならぼくたちの保育園。
スポンサーサイト

Category:おうちでのひととき  Comment:4  Trackback:0  Top

Comment

あー泣ける。
このブログだけて泣ける。
次はいつ会えるかなー??

From:あきこ URL 2013.03.10. Sun 22:25 [Edit]

No title

うんうん、感謝やなぁ。
保育士さんて、子供だけでなく親へのフォローも
してくれはるんやなーって
預けて初めて分かったなー。
一人の時より、子供が増えたときに
親子ともに、助けてもらった気がします。

幼保の違いのことを批判的におっしゃる人に
まだ会ってないのですが
これからは「かぎっ子で可哀そう」って
言われてしまうのかも知れんなぁ・・・。

いろんなことがあったけど、振り返ってみれば
楽しいことの方が多かったよね。

From:tomo URL 2013.03.11. Mon 14:32 [Edit]

あっこちゃんへ

お返事遅くなってごめん。
春・・・寂しいなぁ。
なかなか忙しい毎日です^^
来年度は一杯会おうね~。

From:mimosa URL 2013.03.16. Sat 20:56 [Edit]

tomoさんへ

忙しくてしんみりする暇がないなぁ。
保育士さん、うちは若い子ばっかりやから、そうそう期待はできんけど(笑)。
その分、嫌味なく子どもを可愛がってもらいました。

幼稚園派が、学内学童設置を反対したり・・・。
なんやねんな。
気にしてる暇ないけど。
かぎっ子・・・学童友だちも多いし、今の時代、そのうち普通になるよね。

そうそう、楽しいことが一杯でした。
tomoさんにもたくさん励ましてもらって、ありがとう。

From:mimosa URL 2013.03.16. Sat 20:59 [Edit]

Name
Mail
URL
Title
Message

Pass
Secret

Top

Trackback

Trackback URL

Top

Calendar

2017.10.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

こんにちは☆

現在の閲覧者数:

プロフィール

mimosa

Author:mimosa
WMの大切な日々の記録です♪
どうぞよろしく。

リンクご希望の方は事前に
ご連絡をお願いします^^

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

コメントありがとう♪

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリーから選んでね

お友だちとお気に入り♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © ミモザの木の下で ~Beloved days*~ All Rights Reserved.

Illust by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。