ミモザの木の下で ~Beloved days*~

慌しい毎日だけど、記録しておきたい大切な時間。

スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告  Top

いらっしゃいませお雛様

2012.02.11 Sat 19:02

夕暮れ時、やっとお出しできました。
今年もいらっしゃいませ。

暗いですが^^

姉ちゃんの7段飾りです。
京友禅の桜の着物から、1体1体お人形の着物を作り、着せていただいてあります。
お人形たちの着物も、お道具も全部桜の柄です。
毛氈はワイン色で、その分艶やかな桜がよく映えます。

写真03976

京雛なので、向かって右手に御内裏様がいらっしゃいます。

そしてちび娘のお雛様は、立ち雛。
お内裏様の着物は皇室の縁起が良い柄がほどこされています。
この生地が、東京『久月』さんにしかなくて、『久月』の名前を残す事を約束に分けて頂いたもの。
京雛の作家さんの作品ですが、関東雛としてお内裏様は向かって右手にいらっしゃいます。

写真03980

つがいの鶴の屏風は、屏風師さんの作品。
圧巻です。

お姫様も、凛として美しい。

写真03979

ほんまに素敵です。

写真03978

姉ちゃんの初節句前に、私が寝ずに作ったつるし雛。
いくつかは九州柳川のご婦人が手伝ってくださいました。

お願いして作っていただいた、望みの『桜』と『梅』の鞠です。
この鞠が柳川のさげもんに必ず必要なもの。
姉ちゃんの花『桜』と、私の好きな冬の強さの『梅』を選んだのです。

写真03977

思い出すだけで、我ながらよく出来たなぁと思います。
娘のことだけを思って作ったなぁ。

娘たちは勿論大切で、このお雛様も我が家の宝物。
娘たちを守り、幸せにしていただきますよう、お守りです。

夜、雪洞の灯りだけで温かい。

写真03981

娘たちの幸せを思います。
そして、娘たちを授かった幸せをしみじみ感じます。

愛は深く。
その分、とんでもない相手が現れたら、許さん!・・・そんな感じ^^
特に、お父さんは許さんな(笑)。

しばらくの間、お雛様にお会いできますねぇ^^
スポンサーサイト

Category:おうちでのひととき  Comment:2  Trackback:0  Top

Comment

No title

ちび娘ちゃんのお内裏様、すごい生地が
使われてたんですね。

あまり見かけないから、目立つね。
かっこいい。

お雛様、短い期間やからこそええのかもなぁ。

From:tomo URL 2012.02.13. Mon 09:18 [Edit]

tomoさんへ

そうなん、ちびのお雛さんは格調高いです^^
やっぱり見かけませんか?

そっか、期間が短いでええのかぁ。
そやなぁ。

From:mimosa URL 2012.02.13. Mon 20:57 [Edit]

Name
Mail
URL
Title
Message

Pass
Secret

Top

Trackback

Trackback URL

Top

Calendar

2017.09.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こんにちは☆

現在の閲覧者数:

プロフィール

mimosa

Author:mimosa
WMの大切な日々の記録です♪
どうぞよろしく。

リンクご希望の方は事前に
ご連絡をお願いします^^

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

コメントありがとう♪

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリーから選んでね

お友だちとお気に入り♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © ミモザの木の下で ~Beloved days*~ All Rights Reserved.

Illust by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。